コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詞玉緒 ことばのたまのお

3件 の用語解説(詞玉緒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詞玉緒
ことばのたまのお

本居宣長著。7巻。安永8 (1779) 年成立。天明5 (85) 年刊。いわゆるテニヲハの研究で,係結を中心とする呼応の法則を,『八代集』を主とする歌を資料に実証的に説いたもの。『てにをは紐鏡』の解説編にあたる。名称は,体言・用言などを玉にたとえ,テニヲハはそれらを継ぎ合せてまとまった統一を与える糸の役割を果す,という考えからきている。本書は従来のテニヲハ研究を整理して統一を与えたもので,後世に強い影響を与え,「玉緒派」を生むことになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

詞玉緒【ことばのたまのお】

本居宣長の著した文法書。7巻。1779年成る。宣長が《てにをは紐鏡(ひもかがみ)》で明らかにした係り結びの法則を,八代集(はちだいしゅう)を中心とする古歌によって実証し,係結研究を大成した書。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ことばのたまのお【詞玉緒】

本居宣長が1779年(安永8)に著した文法書。7巻。85年(天明5)初刊。宣長はさきに《てにをは紐鏡(ひもかがみ)》を書いて,〈てにをは〉の係りと用言語尾の結びとの関係を表示したが,本書はその解説書というべく,さらに係結(かかりむすび)に関しない助詞,助動詞についても,その意義・用法を示した。多数の例を主として〈八代集〉の間から集めて実証し,また別に,古風の部として《万葉集》,文章の部として平安時代散文の〈てにをは〉についても説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の詞玉緒の言及

【係り結び】より

…奈良・平安時代(8~12世紀)の国語において,助詞の〈ぞ〉〈なむ〉〈や〉〈か〉が文中にあるとき,その文の終末部の活用語を連体形で終結し,〈こそ〉があるときは已然(いぜん)形,また,〈は〉〈も〉の場合は終止形で終結する,その助詞と活用形との呼応の関係をいう。鎌倉時代の《手爾波大概抄(てにはたいがいしよう)》や連歌師に注意されていたが,江戸時代に本居宣長が古歌に例を求めてその法則性を立証し,《詞玉緒(ことばのたまのお)》を著した。宣長は〈の〉〈何〉も係りの辞と認めたが,萩原広道が《手爾乎波係辞弁(てにをはかかりことばのべん)》でその誤りを正した。…

【国語学】より

…宣長は,多くの実例の調査にもとづいて,係結(かかりむすび)の法則を帰納し,まず,これを1枚の図表で,《てにをは紐鏡(ひもかがみ)》にまとめて,公にした。ついで,《詞玉緒(ことばのたまのお)》を刊行し,《紐鏡》に図式化したところを中心として,いちいちの助詞の用法を,実例で裏づけた。《玉緒》の末書は,数多く著され,それらによって部分的にはいろいろの補訂が加わった。…

※「詞玉緒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

詞玉緒の関連キーワードカージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇桜島広島・長崎への原爆投下桜島の大正噴火大正噴火浦上春琴

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone