コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なで ナデ

デジタル大辞泉の解説

な‐で

[連語]《完了の助動詞「ぬ」の未然形+接続助詞「で」》…てしまわないで。…せずに。
「濡れたる衣をだに脱ぎかへ―なむ、こちまうで来つる」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なで

東北・北陸地方で、雪崩のこと。

なで

( 連語 )
〔完了の助動詞「ぬ」の未然形「な」に打ち消しの接続助詞「で」の付いたもの〕
…てしまわないで。…てしまわずに。 「しほにぬれたる衣をだに脱ぎかへ-なむこちまうできつる/竹取」 「見るめなきわが身を浦と知らねばやかれ-あまの足たゆく来る/古今 恋三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なでの関連キーワード栃木県日光市川治温泉川治奈良県高市郡明日香村橘真ん名書・真ん字書相生挿し・相生挿オロニャイン仏の顔も三度撫で付け櫛撫で上げる撫で付ける往来手形北陸地方猫撫で声ちょくる撫で回す真鳥住む鮒の算盤掻い撫で撫で繕ふ撫で摩る接続助詞

なでの関連情報