コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なへ ナヘ

デジタル大辞泉の解説

な‐へ

[連語]なえ[連語]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なへ

( 接助 )
〔上代語〕
活用語の連体形に付いて、一つの事態・事柄に伴って、同時に他の事態・事柄が存することを表す。…とともに。…と同時に。…にあわせて。 「秋風の寒く吹く-我がやどの浅茅が本にこほろぎ鳴くも/万葉集 2158」 「雲の上に鳴きつる雁の寒き-萩の下葉はもみちぬるかも/万葉集 1575」 〔この語の成立については、連体格を表す格助詞「な」に名詞「へ(上)」または「うへ(上)」が付いたものからとするもの、その他の諸説がある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

なへの関連情報