コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なえ ナエ

デジタル大辞泉の解説

な‐え〔‐へ〕

[連語]《「な」は「の」の意の格助詞で、「へ」は「うへ(上)」の音変化とも。上代語》接続助詞的に用いられ、上の事態と同時に他の事態も存在することを表す。…と同時に。…とともに。
「雲の上に鳴きつる雁の寒き―萩の下葉はもみちぬるかも」〈・一五七五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

なえの関連キーワード奈良県吉野郡下北山村前鬼函館圏公立大学広域連合はこだて 大沼黒牛岐阜県下呂市和佐はこだて 大沼牛おかめはちもく不動七重滝生方ななえ気仙沼湾問鼎軽重けちけち戸田黄山癪を言う奈江原野山田早苗磯永彦助手習子格助詞味の素砂書き

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なえの関連情報