コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なえ ナエ

デジタル大辞泉の解説

な‐え〔‐へ〕

[連語]《「な」は「の」の意の格助詞で、「へ」は「うへ(上)」の音変化とも。上代語》接続助詞的に用いられ、上の事態と同時に他の事態も存在することを表す。…と同時に。…とともに。
「雲の上に鳴きつる雁の寒き―萩の下葉はもみちぬるかも」〈・一五七五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

なえの関連キーワード奈良県吉野郡下北山村前鬼函館圏公立大学広域連合はこだて 大沼黒牛岐阜県下呂市和佐はこだて 大沼牛おかめはちもく生方ななえ不動七重滝気仙沼湾癪を言う戸田黄山けちけち磯永彦助問鼎軽重奈江原野山田早苗手習子早苗町功徳衣三つ足

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なえの関連情報