コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なまこ壁 なまこかべ

2件 の用語解説(なまこ壁の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

なまこかべ【なまこ壁】

塗り壁の仕上げの一種。平らな瓦(かわら)を壁に張りつけ、目地(めじ)の部分は漆喰(しっくい)を盛り上げた形に塗ったもの。雨や風などに強く、土蔵の腰壁(こしかべ)などに用いる。目地が縦横に通っているものや、斜め格子のものがある。◇漆喰目地の盛り上がった形が、海鼠(なまこ)に似るところから。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

なまこ壁

福島県喜多方市や岡山県倉敷市、静岡県松崎町など土蔵の多い町でよく見かける壁塗りの一工法。壁に平瓦を並べて打ち付け、瓦の目地に漆喰をかまぼこ形に盛り付け、斜め格子などの模様を造る。その目地の形が海鼠(なまこ)に似ていることからの名前。装飾的な目的だけでなく、耐火や雨水を防ぐ役割もあった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なまこ壁の関連キーワード京壁荒壁仕上げ糊仕上げ彫仕上げ物塗壁花塗塗り壁左官仕上げ新京壁塗り

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なまこ壁の関連情報