コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なよぶ なよぶ

大辞林 第三版の解説

なよぶ

( 動上二 )
(紙や衣服が)しなやかである。糊けが落ちてなよなよしている。 「されどこの-・びたる衣をいかにせん/即興詩人 鷗外」 「 - ・びたる御衣おんぞども脱い給うて/源氏 夕霧
なよなよとしている。ものやわらかに振る舞う。 「御心、-・びたる方に過ぎて、強きところおはしまさぬなるべし/源氏 賢木」 〔連用形「なよび」しか用例が見えず四段活用とする説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なよぶの関連キーワード即興詩人連用形田長源氏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android