コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なよぶ なよぶ

大辞林 第三版の解説

なよぶ

( 動上二 )
(紙や衣服が)しなやかである。糊けが落ちてなよなよしている。 「されどこの-・びたる衣をいかにせん/即興詩人 鷗外」 「 - ・びたる御衣おんぞども脱い給うて/源氏 夕霧
なよなよとしている。ものやわらかに振る舞う。 「御心、-・びたる方に過ぎて、強きところおはしまさぬなるべし/源氏 賢木」 〔連用形「なよび」しか用例が見えず四段活用とする説もある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なよぶの関連キーワード即興詩人連用形田長源氏

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android