コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なんす なんす

大辞林 第三版の解説

なんす

( 動サ特活 )
〔「なさります」の転。近世後期、遊里の女性語〕
「する」の尊敬語。なさいます。せられます。 「お前はこちら枕に-・すかえ/洒落本・聖遊廓」 「ちよつとも座敷へ顔を出さつしやらねえのはどう-・したかと考へて居りいした所へ/人情本・恵の花」
(補助動詞) 動詞の連用形(「お」を冠することがある)に付いて、尊敬の意を表す。お…なさいます。 「はい、たんとべべき-・したの/洒落本・月花余情」 「ぬしの名をお知り-・せんか/洒落本・遊子方言」 〔活用は「なんせ(なんし)・なんし・なんす・なんす・なんすれ(なんせ)・なんせ(なんし)」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なんすの関連キーワード廓ことば(さとことば)冷ます・醒ます御出でなんすおあんなんす御不洒落る政治小説新聞小説おざいす何為れぞ補助動詞おざんす冷ます廊下鳶ざえすなますなえすおっすなんす洒落本ねんす

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なんすの関連情報