コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖遊廓 ひじりのゆうかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖遊廓
ひじりのゆうかく

洒落本。作者未詳。宝暦7 (1757) 年刊。従来の漢文体を脱し,会話体を採用した点で,のちの洒落本の体裁をつくった作。孔子,老子,釈迦の3人が李白の経営する揚屋へ行き,太夫と遊ぶという話。登場人物に相応した漢籍や仏典の教義を引用して会話が進む。教養ある文人が戯れに記したものと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひじりゆうかく【聖遊廓】

洒落本。作者不詳。1757年(宝暦7)刊。1冊。李白の営む揚屋(あげや)に孔子,老子,釈迦の三聖が,幇間(ほうかん)白楽天を交えて,それぞれ大道太夫,大空太夫,仮世(かりのよ)太夫を相手として遊び,儒仏老荘思想や漢籍の故事などを話題とする。最後に釈迦と仮世太夫とが心中道行をして彼岸に至る。偶像化された聖賢文人たちを戯画化して笑殺し,作者の知識人としての鬱懐をはらし,またその生活感情を示している。【水野 稔】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聖遊廓
ひじりのゆうかく

洒落本(しゃれぼん)。1757年(宝暦7)刊。作者未詳。孔子、老子、釈迦(しゃか)の三聖を遊客に見立て、一夜の遊びをさせる趣向に書名の由来がある。揚屋の亭主李白(りはく)の案内で、孔子は大道太夫(たゆう)、老子は大空太夫、釈迦は仮世太夫を相方に遊び、やがて孔子と老子は床入りをするが、釈迦だけは仮世太夫とともに廓(くるわ)を抜け出し彼岸への道行としゃれる。三聖を滑稽(こっけい)卑俗化した奇抜な着想が本書のねらいであり、会話体で描写を進める洒落本の原型がすでにみられるところに特徴がある。本書の趣向を踏襲したものに唐来参和(とうらいさんな)の『三教色(さんきょうしき)』(1783)がある。[棚橋正博]
『水野稔他編『洒落本大成2』(1978・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

聖遊廓の関連キーワード日柄・日次韓雲孟竜なんすきぶい不加減騒き

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android