コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸語 エドゴ

世界大百科事典 第2版の解説

えどご【江戸語】

江戸の住民,主として町人を中心として使われたことばの意で,江戸時代の言語を指すのではない。しかし,江戸時代のことばを,前期の上方語と後期の江戸語に代表さる見解があるように,江戸語の成立は宝暦(1751‐64)以降とされ,時期的な区分は,かなり明瞭といえよう。すなわち,文献資料の上では,まず宝暦以降の洒落本に上方語とは異なることばづかいが多く現れ,文化文政期(1804‐30)の滑稽本天保(1830‐44)以降の人情本等に至ると,上方語的要素の減退は著しいとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えどご【江戸語】

江戸時代に、江戸で用いられた言葉。その特色をはっきり示すようになったのは、宝暦(1751~1764)以降といわれる。旗本・御家人などの武士を中心とした知識層が用いた言葉と、町人などが用いた言葉とに分けられる。エイ・アイなどの母音連続がエ段長音となるのが特徴的で、打ち消しの助動詞は「ず」のほかに「ない」が多用された。のちの東京語の母体となった。江戸言葉。江戸弁。 → 上方語近世語

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

江戸語の関連キーワード良い・善い・好い見たくでもないおかったるいしちもくれんうしゃあがるふてらっこいさらけ止めるしょ難しいないければ目紛らしいましなんだやんちゃん白無垢鉄火陸そっぽう立ち切れる御不洒落るさっしゃるさっせえましない怖らしい

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android