コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸語 エドゴ

3件 の用語解説(江戸語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えど‐ご【江戸語】

江戸言葉」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えどご【江戸語】

江戸の住民,主として町人を中心として使われたことばの意で,江戸時代の言語を指すのではない。しかし,江戸時代のことばを,前期の上方語と後期の江戸語に代表させる見解があるように,江戸語の成立は宝暦(1751‐64)以降とされ,時期的な区分は,かなり明瞭といえよう。すなわち,文献資料の上では,まず宝暦以降の洒落本に上方語とは異なることばづかいが多く現れ,文化文政期(1804‐30)の滑稽本,天保(1830‐44)以降の人情本等に至ると,上方語的要素の減退は著しいとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えどご【江戸語】

江戸時代に、江戸で用いられた言葉。その特色をはっきり示すようになったのは、宝暦(1751~1764)以降といわれる。旗本・御家人などの武士を中心とした知識層が用いた言葉と、町人などが用いた言葉とに分けられる。エイ・アイなどの母音連続がエ段長音となるのが特徴的で、打ち消しの助動詞は「ず」のほかに「ない」が多用された。のちの東京語の母体となった。江戸言葉。江戸弁。 → 上方語近世語

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸語の関連キーワード江戸小紋住民登録自地町人主として素町人町人捌き町人物ドゴ・カナリオ町法アゴ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江戸語の関連情報