にき(読み)ニキ

デジタル大辞泉の解説

に◦き

[連語]《完了の助動詞「ぬ」の連用形+過去の助動詞「き」》すでに…た。…てしまった。
「名にめでて折れるばかりぞ女郎花(をみなへし)我落ち―◦きと人にかたるな」〈古今・秋上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にき

( 連語 )
〔完了の助動詞「ぬ」の連用形「に」に過去の助動詞「き」の付いたもの〕
すでに済んでしまった事柄を回想して述べる。話し手の直接経験について用いることが多い。…てしまった。すでに…た。 「宮人の足結あゆいの小鈴落ち-・きと宮人響とよむ里人もゆめ/古事記 」 「わが待たぬ年は来ぬれど冬草のかれ-・し人はおとづれもせず/古今 」 「民間の愁ふる所を知らざりしかば、久しからずして亡じ-・し者どもなり/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にきの関連情報