にょろにょろ(読み)ニョロニョロ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)細長いものが、からだをくねらせながら進み動くさま。「にょろにょろ(と)はいまわる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① つい、ふらふらと行動するさまを表わす語。のこのこ。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「我を忘れて如鷺如鷺(ニョロニョロ)と進みて」
② 蛇など細長いものがゆっくりとうねり進むさま、長くのび出るさまを表わす語。
※俳諧・新続犬筑波集(1660)八「にょろにょろとはひ出るへびのあなふしぎ 讒せしひとのみみはいたはし〈員成〉」
③ 細くてたよりないさまを表わす語。ひょろひょろ。
※雑俳・折句道しるべ(1767)「箒木のにょろにょろたけて便宜なし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にょろにょろの関連情報