うねうね(読み)ウネウネ

デジタル大辞泉の解説

うね‐うね

[副](スル)《「うね(畝)」を重ねた語》
山脈などが起伏して続くさま。「うねうね(と)連なる山並み」
曲がりくねって続いているさま。くねくね。うねくね。「うねうね(と)続く一本道」「うねうね(と)した川筋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うねうね

( 副 ) スル
山や波が高低を繰り返して続いているさま。 「 -と遠くまで続く山なみ」
曲がりくねって長く続くさま。 「 -(と)続く道」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うね‐うね

[1] 〘名〙 畑のうねのように高低起伏している状態。また、続いているいくつものうね。
※車屋本謡曲・草子洗小町(1570頃か)「まかなくになにを種とて萍(うきくさ)の、波のうねうね生ひ茂るらん」
※太閤記(1625)二一「別当塩の波のうねうねを見分」
[2] 〘副〙 (「と」を伴う場合が多い)
① 畑のうねのように高くなったり低くなったりして続いているさまにいう。
※歌舞伎・高台橋諍勝負附(1764)四幕「エエ、さっきにからのもやもやで、痞(つか)へがうねうねする」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「鹿子斑(かのこまだら)の山が起伏(ウネウネ)と続く」
② 左右に、ひんぱんに曲って続いているさま、また、曲りくねって進むさまにいう。
※帰去来(1901)〈国木田独歩〉一六「海に望んだ家々の燈火は金蛇(きんだ)のうねうねと水に映じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うねうねの関連情報