ぬらりひょん

デジタル大辞泉プラスの解説

ぬらりひょん

日本の妖怪。とらえどころのない化け物とされ、各地に伝承がある。海坊主の類とも、妖怪たちの総大将ともいわれる。「百怪図巻」「化物づくし」など江戸時代の妖怪絵巻にも多く記述があり、画家、鳥山石燕(せきえん)の画集「画図百鬼夜行」では、頭の大きな坊主姿で描かれている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬらり‐ひょん

[1] 〘副〙 =ぬらりくらり
※俳諧・西鶴五百韻(1679)早何「穐の霜しろひ男はぬらりひょん〈西鶴〉 一日暮しときくの花さく〈西花〉」
[2] 〘名〙 鯰(なまず)のようにつかまえどころのない架空の化物の名称。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぬらりひょんの関連情報