の字(読み)のじ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘語素〙 語の一部、主としてはじめの音に付けて、隠語ふうの名詞をつくる。
① ある語をあらわす最初のかなに付けて、その語を遠回しに表現する。はっきり言ってしまっては都合の悪い時や、しゃれた表現として用いる。近世の俗語。
※浄瑠璃・世継曾我(1683)風流の舞「ほやんれなさけの君さまたんだ、今宵とのじか、底心(そこしん)それそれつづらを急ぐ賤の男(お)が」
② 人名の最初のかなにつけて、その人物を呼ぶのに用いる。近世後期、江戸の遊里などではやった表現。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「はの字(ジ)はの字(ジ)、何の咄(はなし)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

の字の関連情報