コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふるさと創生論 ふるさとそうせいろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふるさと創生論
ふるさとそうせいろん

竹下元首相が 1987年の自民党総裁選挙出馬に際して掲げた政策構想の1つ。東京への一極集中型の国土づくりを改め,生活と活動の本拠となる「ふるさと創生」を実現することが必要だとし,住宅の充実,土地対策,多極分散型の国土づくりと日帰り可能な交通網の整備,一省一機関の地方分散や遷都,イベント開催,自然環境の保全などを提唱。竹下内閣ではその一環として全国の市町村に一律1億円を交付し,その使途については自治体創意にゆだねる施策がとられた。全国の約半数の自治体でふるさと事業が実施されたが,税の運用方法や事業内容に見直しを求める声が高く,99年以降1億円交付は廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ふるさと創生論の関連キーワード竹下登内閣

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android