コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふるさと創生論 ふるさとそうせいろん

1件 の用語解説(ふるさと創生論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふるさと創生論
ふるさとそうせいろん

竹下元首相が 1987年の自民党総裁選挙出馬に際して掲げた政策構想の1つ。東京への一極集中型の国土づくりを改め,生活と活動の本拠となる「ふるさと創生」を実現することが必要だとし,住宅の充実,土地対策,多極分散型の国土づくりと日帰り可能な交通網の整備,一省一機関の地方分散や遷都,イベント開催,自然環境の保全などを提唱。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふるさと創生論の関連キーワード橋本龍太郎小泉純一郎旧小渕派津島派総裁選安倍晋三氏自民党総裁選の地方票憲法改正の論議河本敏夫谷垣禎一

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone