ほつほつ(読み)ホツホツ

デジタル大辞泉の解説

[副]少しずつゆっくりと物事をするさま。ぼつぼつ。
「急ぎでもなければ、身どもが一細工に―いたすによって」〈続狂言記・六地蔵〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

物事が少しずつ、また徐々に行われるさま。ぼつぼつ。 女中泊りの袖の下、小万といふ名で-と/浄瑠璃・丹波与作
苦しそうに、または忙しそうに息を吐くさま。 くたびれますから、主もお前さんね、-と云つてでございます/滑稽本・浮世床 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 性急でなくのんびりとしているさま。また、物事を徐々に進めるさま、とぎれとぎれにするさま、事態がまれであるさまなどを表わす語。ぼつぼつ。ぽつぽつ。
※俳諧・世話尽(1656)付句「ほつほつかたるいにしへの夢 難面(つれなき)を次第次第にとけぬらし」
② 点や粒状のものが散在するさまを表わす語。
※三畳と四畳半(1909)〈高浜虚子〉二「唐辛子の赤いのがほつほつと見えて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android