ほつほつ

精選版 日本国語大辞典「ほつほつ」の解説

ほつ‐ほつ

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 性急でなくのんびりとしているさま。また、物事を徐々に進めるさま、とぎれとぎれにするさま、事態がまれであるさまなどを表わす語。ぼつぼつ。ぽつぽつ。
※俳諧・世話尽(1656)付句「ほつほつかたるいにしへの夢 難面(つれなき)を次第次第にとけぬらし」
② 点や粒状のものが散在するさまを表わす語。
※三畳と四畳半(1909)〈高浜虚子〉二「唐辛子の赤いのがほつほつと見えて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ほつほつ」の解説

ほつ‐ほつ

[副]少しずつゆっくりと物事をするさま。ぼつぼつ。
「急ぎでもなければ、身どもが一細工に―いたすによって」〈続狂言記・六地蔵〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android