ぽうっと

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)
意識がぼんやりするさま。「ぽうっとして聴きほれる」「暑さで頭がぽうっとする」
ほのかに明るくなったり、赤みがさしたりするさま。「ぽうっと顔を赤くする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① =ぼうっと
※今戸心中(1896)〈広津柳浪〉六「ぽうっと而も白粉(しろこ)を吹いた様な耳朶の愛らしさ」
② =ぼうっと
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉三「霞に酔ってぽうっとして居る許りで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android