コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許り バカリ

1件 の用語解説(許りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ばかり【許り】[副助]

[副助]名詞、副詞、活用語の連体形、一部の助詞に付く。
範囲を限定する意を表す。…だけ。…のみ。「あとは清書する許りだ」「大きい許りが能じゃない」
「いそのかみ古き都のほととぎす声―こそ昔なりけれ」〈古今・夏〉
おおよその程度・分量を表す。…ほど。…くらい。「まだ半分許り残っている」「一〇歳許りの男の子」
「三寸―なる人」〈竹取
(「…たばかりに」の形で接続助詞的に用いて)それだけの原因での意を語調を強めて表す。…ために。「動揺した許りに制球が乱れた」「強行採決をした許りに議場が荒れた」
(動詞の連体形または助動詞「ぬ(ん)」を受けて)ある動作が今にも行われようとする状態を表す。「いつでも出発できる許りになっている」「泣き出さん許りの顔」
(「…たばかり」の形で)動作が完了してまもない状態にある意を表す。「銀行から引き出した許りのお金」「今出かけた許りだ」
(「…とばかり」「…とばかりに」の形で)強調の意を表す。「ここぞと許り声援する」「待っていたと許りに飛び出す」
[補説]動詞「はか(計)る」の連用形が名詞化した「はかり」から転じたもので、2が本来の用法とされる。中古では12とも、用言の終止形にも付いた。1は中古以降の用法で、中世以降は2は衰え、「ほど」がそれに代わり、1は「のみ」よりも優勢になった。近世以降は、限定に「だけ」「きり」が加わるようになる。なお、「ばかり」はくだけた話し言葉では、「ばっかり」「ばっかし」「ばかし」という形も使われ、また、「っぱかり」の形になることもある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

許りの関連キーワードからはかんめりしもなのでなのにものかなものはやら連体形かべい

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

許りの関連情報