ぼさぼさ

精選版 日本国語大辞典「ぼさぼさ」の解説

ぼさ‐ぼさ

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 何もしないでぼんやりしているさまを表わす語。ぼやぼや。ぽさぽさ。
※太十と其犬(1910)〈長塚節〉五「三次の手には荒縄で括った犬の死骸があった。太十はあとでぼさぼさとして居た」
② 髪の毛などが伸びて乱れているさまを表わす語。
※時は過ぎゆく(1916)〈田山花袋〉二七「髪の毛のボサボサした真弓の泣はらしたやうな赤い眼とが映った」
[2] 〘形動〙
① 髪の毛などが伸びて乱れているさま。
故旧忘れ得べき(1935‐36)〈高見順〉一「頭髪〉かうボサボサに成ってはどうしても今夜こそはと」
などが毛羽立っているさま。ぱさぱさ。
蟹工船(1929)〈小林多喜二〉四「一枚の春画がボサボサに紙に毛が立つほど、何度も何度もグルグル廻された」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぼさぼさ」の解説

ぼさ‐ぼさ

[副](スル)
髪などの乱れているさま。「ぼさぼさ(と)した頭を整える」
すべきことをしないでぼんやりしているさま。「ぼさぼさ(と)していると落第するぞ」
[形動]1に同じ。「ぼさぼさな頭」
[アクセント]サボサ、はボサボサ
[類語]1ぼうぼう/(2あんぐりあんごりぼんやりぼうっとぼそっとぼけっとぽっとぼさっとぽうっときょとんぽかんぽかり不明瞭灰色ぼうぼやっともやもやおぼろおぼろげ不鮮明朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうばく漠然ばくぜん不詳未詳未知未確認迷宮入り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android