コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まつやま ふみお

2件 の用語解説(まつやま ふみおの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

まつやま ふみお

1902-1982 昭和時代の漫画家。
明治35年5月18日生まれ。本郷絵画研究所でまなぶ。日本漫画家連盟,日本プロレタリア文芸連盟に参加。戦後,共産党の「アカハタ」に政治漫画を連載。昭和21年日本美術会,日本童画会の創立にくわわり,22年風刺雑誌「クマンバチ」を創刊した。昭和57年3月3日死去。79歳。長野県出身。本名は松山文雄

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

まつやま ふみお
マツヤマ フミオ

大正・昭和期の漫画家,社会運動家



生年
明治35(1902)年5月18日

没年
昭和57(1982)年3月3日

出生地
長野県小県郡長門町

本名
松山 文雄(マツヤマ フミオ)

別名
別名=小県 大門,尾山 台介

主な受賞名〔年〕
日本漫画家協会賞(特別賞)〔昭和55年〕「まつやまふみおの世界」

経歴
大正13年上京、本郷絵画研究所に学ぶ。戦前は日本漫画家連盟に加入、日本プロレタリア芸術連盟などにも参加しプロレタリア美術家同盟書記長もつとめた。戦後は日本美術の創立に参加する一方、共産党機関紙「赤旗」に政治漫画を描きつづけた。また、22年に政治漫画誌「クマンバチ」を創刊。39年から「赤旗日曜版」に「鳥獣戯画」を連載しつづけた。著書に「マンガでみる戦後史」「漫画・童画・版画の描き方」など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まつやま ふみおの関連キーワード北沢楽天宮尾しげを小野佐世男近藤日出造馬場のぼる小山内竜田中比左良那須良輔南義郎村山しげる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone