コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まつやま ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

まつやま ふみお

1902-1982 昭和時代の漫画家。
明治35年5月18日生まれ。本郷絵画研究所でまなぶ。日本漫画家連盟,日本プロレタリア文芸連盟に参加。戦後,共産党の「アカハタ」に政治漫画を連載。昭和21年日本美術会,日本童画会の創立にくわわり,22年風刺雑誌「クマンバチ」を創刊した。昭和57年3月3日死去。79歳。長野県出身。本名は松山文雄

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

まつやま ふみお
マツヤマ フミオ

大正・昭和期の漫画家,社会運動家



生年
明治35(1902)年5月18日

没年
昭和57(1982)年3月3日

出生地
長野県小県郡長門町

本名
松山 文雄(マツヤマ フミオ)

別名
別名=小県 大門,尾山 台介

主な受賞名〔年〕
日本漫画家協会賞(特別賞)〔昭和55年〕「まつやまふみおの世界」

経歴
大正13年上京、本郷絵画研究所に学ぶ。戦前は日本漫画家連盟に加入、日本プロレタリア芸術連盟などにも参加しプロレタリア美術家同盟書記長もつとめた。戦後は日本美術の創立に参加する一方、共産党機関紙「赤旗」に政治漫画を描きつづけた。また、22年に政治漫画誌「クマンバチ」を創刊。39年から「赤旗日曜版」に「鳥獣戯画」を連載しつづけた。著書に「マンガでみる戦後史」「漫画・童画・版画の描き方」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

まつやま ふみおの関連キーワード前島とも昭和時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android