コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカハタ Epinephelus fasciatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカハタ
Epinephelus fasciatus

スズキ目ハタ科の海水魚食用。全長約 40cm。橙色の地に 5本の紅色横帯がある。背鰭に 11本のとげをもつ。サンゴ礁沿岸岩礁域にすむ。南日本インド・太平洋海域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカハタ
あかはた / 赤羽太
blacktip rockcod
[学]Epinephelus fasciatus

硬骨魚綱スズキ目ハタ科に属する海水魚。南日本から南西諸島、フィリピン、インド洋、紅海などに広く分布する。沿岸の岩礁地帯にすみ、ハタ類中もっとも普通にみられる種である。全長30センチメートルに達し、口は大きく、体色は朱赤色で、やや濃い横帯が数条ある。体側には不定形の白色斑紋(はんもん)が2列に並び、背びれ棘(きょく)部の縁は黒い。暖海の磯(いそ)釣りの対象魚。ハタ類は美味であるが、本種はハタ類中では不味のほうである。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカハタの関連キーワードハンゴーミーバイまつやま ふみおレッド・パージ赤旗(新聞)井之口 政雄太田 慶太郎小名木 綱夫守屋 典郎志賀 義雄太田慶太郎江森 盛弥松本 一三聴濤 克巳石堂 清倫赤木 健介片山正夫言論統制南 義郎加藤悦郎聴濤克巳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android