コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わが名はアラム ワガナハアラム

デジタル大辞泉の解説

わがなはアラム【わが名はアラム】

《原題My Name Is Aramサロイヤンの連作短編集。1940年刊。著者自身がモデルとされる少年アラムの視点で、20世紀初頭のカリフォルニアの町の日常を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わが名はアラム
わがなはあらむ
My Name Is Aram

アメリカの作家W・サロイヤンの代表的な連作短編集。1940年刊。背景はカリフォルニア州のフレズノ。時代は作者が7歳になる1915年から、この町を去る25年ころまで。作者がモデルと思われる語り手の少年アラム・ガローレニアンの目を通して素朴に描写される風景、ガローレニアン一族とその周囲の人々にまつわる日常の物語。彼らは激しく変貌(へんぼう)してゆく時代変化をよそに、自分たちをあくまで昔の国の昔の人間であると信じて生きている。金もうけに疎く愚かだが、善良で寂しがり屋で優しい夢多き人々、そういう人々といっしょに暮らしてだれひとり不平をいう者がいない。いまと比べてどちらが幸せか、作者は読者とともに自問しているようだ。[後藤昭次]
『清水俊二訳『わが名はアラム』(1980・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

わが名はアラムの関連キーワードウィリアム サローヤンサローヤン