コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイアンブリッジ峡谷 アイアンブリッジきょうこく Ironbridge Gorge

3件 の用語解説(アイアンブリッジ峡谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイアンブリッジ峡谷
アイアンブリッジきょうこく
Ironbridge Gorge

イギリス中央部,テルフォード・リーキンにあるセバーン川沿いの峡谷。コールブルックデールを中心とするイギリス産業革命期の工業地帯として有名。特に 18世紀初頭,エブラハム・ダービー1世がコークスを燃料に用いる製鉄方法をイギリスで最初に開発したことにより鉄の生産が飛躍的に増大し,コールブルックデールイギリス産業革命発祥の地,製鉄業の中心地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アイアンブリッジ‐きょうこく〔‐ケフコク〕【アイアンブリッジ峡谷】

Ironbridge》英国バーミンガムの西約50キロメートル、産業革命の発祥地コールブルックデールにある峡谷。この峡谷に、1779年に世界で初めて鉄の橋(アイアンブリッジ)が架けられた。橋は、全長60メートル、幅約7メートルのシングルアーチ橋。当時の溶鉱炉や工場跡も博物館として残され、産業革命の香りを留めるものとして、1986年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

アイアンブリッジきょうこく【アイアンブリッジ峡谷】

1986年に登録された世界遺産(文化遺産)で、イギリス中部、バーミンガムの北西30kmのコールブルックデイルにある。コールブルックデイルは18世紀後半から19世紀の産業革命期のイギリス製鉄業の中心地で、現在も溶鉱炉や鋳造工場、労働者の住居などが保存されている。なかでも最大の建造物である「アイアンブリッジ」は、全長60m、幅約7m、総重量400t、1779年に完成した世界初の鉄製の橋で、イギリス鉄鋼建築の先駆となった。これらの歴史的な価値が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はIronbridge Gorge

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイアンブリッジ峡谷の関連キーワードバム文化遺産複合遺産自然遺産Βάσσαιルストロルシュオモ川下流域平泉世界遺産登録記念ホリデーパスヴルコリニェツ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone