コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイスバーン Eisbahn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイスバーン
Eisbahn

雪面が溶けたあとに凍った状態をいう。ざらめ状の浮遊と非常に堅い表面氷からなり,きわめて危険な滑走面である。スキー競技会用のゲレンデを堅く踏み固め,塩などをまいて平均化したものもいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アイスバーン(〈ドイツ〉Eisbahn)

積雪の表面が凍って氷のようになった状態。また、その場所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アイスバーン【Eisbahn】

雪面が凍結して氷のようになった場所。特に、凍結により摩擦係数が小さくなった路面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アイスバーンの関連キーワードブラックアイスバーンスキー用語摩擦係数雪上車バーン路面凍結積雪雪面

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイスバーンの関連情報