コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオカズラ Sabia japonica Maxim.

2件 の用語解説(アオカズラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アオカズラ【Sabia japonica Maxim.】

暖地の疎林中に生えるアワブキ科のつる性落葉低木で,枝が緑色なので青葛(あおかずら)の名を得た。枝はうねって曲がり,若い時は短毛を帯びる。葉は互生し,卵状楕円形で両端が鋭形,全縁,表面は深緑色で光沢があり,長さ4~9cm,葉柄は長さ7~14mmで,落葉後,その基部が木化し,先端が二叉(にさ)になって残る。3月ごろ葉より早く,前年の葉腋(ようえき)から4~6mmの柄で1~3個の花を束生する。花は黄色で径6~7mm,花弁は5個,おしべは5本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオカズラ
あおかずら / 青葛
[学]Sabia japonica Maxim.

アワブキ科のつる性落葉低木。枝は緑色で曲がりくねって伸びる。葉は深緑色、質が厚く光沢があり、楕円(だえん)形で長さ4~9センチメートル。前年の葉柄の基部は、先が二分した刺(とげ)となって残るという特徴がある。花は3~4月、葉が出る前に開き、黄色。アワブキ属とは異なり、5枚の同形の花弁があり、5本の雄しべはすべて完全。果実は扁平(へんぺい)な球形で、青く熟す。四国、九州および中国に分布する。アオカズラ属はアジア特産で、20種がある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアオカズラの言及

【オオツヅラフジ】より

…1属1種のツヅラフジ科の落葉つる性木本。ツヅラフジ,アオカズラの名もある。雌雄異株。…

※「アオカズラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone