コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオカミキリモドキ Xanthochroa waterhousei

世界大百科事典 第2版の解説

アオカミキリモドキ【Xanthochroa waterhousei】

甲虫目カミキリモドキ科の昆虫(イラスト)。日本全土のほか,朝鮮半島サハリンにも分布する。成虫の体は橙黄色で上翅は緑色または金緑色体長10~16mm。平地に比較的多く生息し,5月ごろから出現する。6月ごろにもっとも多く発生し,主として雄が灯火に飛来する。体液カンタリジンと呼ばれる有毒物質を含み,この液による水泡性皮膚炎が知られている。6~7月ごろスギなどの針葉樹朽木乳白色でバナナ形の卵を固めて産みつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオカミキリモドキ
あおかみきりもどき / 青擬天牛
[学]Xanthochroa waterhousei

昆虫綱甲虫目カミキリモドキ科に属する昆虫。体長11~15ミリメートル。日本全土、および朝鮮、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。体は細長くて橙黄(とうこう)色、上ばねは金属緑色。成虫は普通、木の葉の裏にいるが、夏の夜、灯火によく飛んでくる。人体に留まったときにつぶしたりすると、体液が出て皮膚に水ぶくれができることがある。近似種にカトウカミキリモドキ、シリナガカミキリモドキなどがあるが、本種の雌は腹端がとがって切れ込みがなく、雄では2葉片が左右からあわさった形をなしており、他種と区別できる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオカミキリモドキの言及

【カミキリモドキ】より

…成虫は昼間活動性のものと夜間活動性のものがあり,モモブトカミキリモドキOedemeronia lucidicollisなどは日中盛んに活動し,花に集まり花粉,花みつを食べる。アオカミキリモドキXanthochroa waterhousei(イラスト)などは日没ごろより活動し,灯火にも飛来する。この科にはカンタリジンcantharidineと呼ばれる毒液を出すものが少なくない。…

【カミキリモドキ】より

…成虫は昼間活動性のものと夜間活動性のものがあり,モモブトカミキリモドキOedemeronia lucidicollisなどは日中盛んに活動し,花に集まり花粉,花みつを食べる。アオカミキリモドキXanthochroa waterhousei(イラスト)などは日没ごろより活動し,灯火にも飛来する。この科にはカンタリジンcantharidineと呼ばれる毒液を出すものが少なくない。…

※「アオカミキリモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオカミキリモドキの関連キーワード青偽天牛擬天牛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android