コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオバハゴロモ あおばはごろも

1件 の用語解説(アオバハゴロモの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオバハゴロモ
あおばはごろも / 青羽羽衣
green flatid planthopper
[学]Geisha distinctissima

昆虫綱半翅(はんし)目アオバハゴロモ科の昆虫。本州以南の各地、朝鮮、中国、台湾に分布。体長は翅端まで9~11ミリメートル、体は左右扁平(へんぺい)、前翅が鮮緑色で後翅は乳白色。年1回発生し、卵で越冬、5月上旬ごろ孵化(ふか)した幼虫は白色のろう物質で覆われ、植物上に群生する。成虫は7月下旬ごろから現れる。低山地の林中に多いが、庭園の低木に発生することもある。ミカン、カキ、チャなどの樹木の害虫とされる。[立川周二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアオバハゴロモの言及

【ハゴロモ(羽衣)】より

…優美な名のとおり,この半翅類の一群の昆虫は,美しい大きな翅を有する種が多く,分類学的には,ハゴロモ科Ricaniidae,ハゴロモモドキ科Nogodinidae,アオバハゴロモ科Flatidaeに分けられる。熱帯地方に種類が多く,日本からは十数種が知られ,すべて本州以南に分布し,北海道には生息しない。…

※「アオバハゴロモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。