コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオミシマ Gnathagnus elongatus

世界大百科事典 第2版の解説

アオミシマ【Gnathagnus elongatus】

スズキ目ミシマオコゼ科の海産魚(イラスト)。富山の各地でアマンボサガンボシャガンボなど,下関でミシマアンコウ,高知でムシマなどの呼名がある。体は細長く円筒形でたいへん小さいうろこがあり,背びれが1基で軟条のみからなり,背部と体側部はその名のとおり青緑色で小褐色斑がある。全長40cmに達する。日本各地にふつうに見られ,沿岸の砂泥底にすみ,砂泥に半ば埋もれた状態でいることが多い。頭部は平らで眼が上方を向き,口も大きく上方を向いており,この埋もれた状態で小型の魚類や甲殻類などが近づくのをまち,とらえて食べるといわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオミシマ
あおみしま / 青三島
bluespotted stargazer
[学]Xenocephalus elongatus

硬骨魚綱スズキ目ミシマオコゼ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地、東シナ海、黄海、渤海(ぼっかい)に分布する。体は棍棒(こんぼう)状で、少し縦扁(じゅうへん)する。成長に伴い下顎(かがく)の腹面の隆起が両側から張り出してトンネルのようになる。鱗(うろこ)は皮下に埋没する。体の背面は青緑色で、多くの暗褐色の斑紋(はんもん)がある。水深30~480メートルの砂泥底にすむが、70メートルあたりにもっとも多い。エビ類や魚類を食べる。7~10月に産卵する。幼魚は沿岸域で過ごし、成長するにつれて大陸棚斜面へ移動する。1年で7センチメートル、3年で24センチメートル、5年で35センチメートルぐらいになる。底引網でとれる。練り製品の原料となる。ミシマオコゼとは、背びれが1基しかないこと、胸びれ上方の棘(とげ)は痕跡的であることなどで区別する。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アオミシマの関連キーワード底引網

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android