コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガティアス アガティアス Agathias

2件 の用語解説(アガティアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガティアス
アガティアス
Agathias

[生]536頃.小アジア,ミュリナ
[没]582以前
ビザンチンの歴史家,詩人。プロコピオスの跡を継ぎ,『ユスチニアヌス帝治世史』 Peri tes 'Ioustinianoū basileías (5巻) を書いたが未完に終った。これは 552~558年の期間を扱い,おもに同帝と蛮族との戦争を描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガティアス
あがてぃあす
Agathias
(536ころ―582ころ)

ビザンティンの詩人、歴史家。小アジアのミリナ生まれ。修辞学者の父をもち、法学を修めたのち弁護士(ここから彼の別名スコラスティコス)となる。韻文による恋愛詩集『ダフニアカ』(9巻)は現存しない。自作と同時代人の警句を集めた『新警句全集』(7巻)は残り、そのなかの彼の作品が100余り『パラティン詞華集Anthologia Palatinaに収められた。『ユスティニアヌス帝の治世について』(通称『歴史』5巻)は未完に終わったが、552~558年を扱い、主としてゴート戦役とペルシア戦役を描いている。素材も文体もプロコピオスをまねるが及ばないといえる。しかし、歴史史料として6世紀なかばの実情を知るうえで欠かすことができない。コンスタンティノポリスで没す。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアガティアスの言及

【ギリシア詞華集】より

… 《パラティナ詞華集》はビザンティン時代ににわかに成立したものではなく,実は前1世紀以来,数次にわたるエレゲイア詩集編纂の成果を踏まえていることが,内容分析から明らかとなっている。前70年ころのメレアグロスMeleagros編の《冠》,前40年ころのフィリッポスPhilipposが〈ヘリコンの花を摘み編んだ〉という,やはり同名の《冠》詩集,後6世紀中葉アガティアスAgathiasがコンスタンティノープルで集成した《環》と題するエピグラム集,そしてさらに9世紀コンスタンティノス・ケファラスKōnstantinos Kephalasによって再編集された大詞華集が生まれ,これが《パラティナ詞華集》の祖本となったのである。詞華集に収められた古典期,ヘレニズム期の大詩人たちのエピグラムは,ルネサンス期以降の西欧の詩人たちの範と仰がれ,甚大な影響を及ぼしている。…

※「アガティアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アガティアスの関連キーワード汎アジア主義小アジアアジア風邪アジアダラーアジアマネーアジアンポップスコミュ力ナチュリナセンチュリーミュージアムトロイ(小アジア)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone