コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガティアス Agathias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガティアス
Agathias

[生]536頃.小アジア,ミュリナ
[没]582以前
ビザンチンの歴史家,詩人。プロコピオスの跡を継ぎ,『ユスチニアヌス帝治世史』 Peri tes 'Ioustinianoū basileías (5巻) を書いたが未完に終った。これは 552~558年の期間を扱い,おもに同帝と蛮族との戦争を描いている。また当時最高の詩人の一人で,その作品 100編が『ギリシア詞華集』に収録されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガティアス
あがてぃあす
Agathias
(536ころ―582ころ)

ビザンティンの詩人、歴史家。小アジアのミリナ生まれ。修辞学者の父をもち、法学を修めたのち弁護士(ここから彼の別名スコラスティコス)となる。韻文による恋愛詩集『ダフニアカ』(9巻)は現存しない。自作と同時代人の警句を集めた『新警句全集』(7巻)は残り、そのなかの彼の作品が100余り『パラティン詞華集』Anthologia Palatinaに収められた。『ユスティニアヌス帝の治世について』(通称『歴史』5巻)は未完に終わったが、552~558年を扱い、主としてゴート戦役とペルシア戦役を描いている。素材も文体もプロコピオスをまねるが及ばないといえる。しかし、歴史史料として6世紀なかばの実情を知るうえで欠かすことができない。コンスタンティノポリスで没す。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアガティアスの言及

【ギリシア詞華集】より

… 《パラティナ詞華集》はビザンティン時代ににわかに成立したものではなく,実は前1世紀以来,数次にわたるエレゲイア詩集編纂の成果を踏まえていることが,内容分析から明らかとなっている。前70年ころのメレアグロスMeleagros編の《冠》,前40年ころのフィリッポスPhilipposが〈ヘリコンの花を摘み編んだ〉という,やはり同名の《冠》詩集,後6世紀中葉アガティアスAgathiasがコンスタンティノープルで集成した《環》と題するエピグラム集,そしてさらに9世紀コンスタンティノス・ケファラスKōnstantinos Kephalasによって再編集された大詞華集が生まれ,これが《パラティナ詞華集》の祖本となったのである。詞華集に収められた古典期,ヘレニズム期の大詩人たちのエピグラムは,ルネサンス期以降の西欧の詩人たちの範と仰がれ,甚大な影響を及ぼしている。…

※「アガティアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アガティアスの関連キーワード和田

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android