コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクロスティック(英語表記)acrostic

翻訳|acrostic

世界大百科事典 第2版の解説

アクロスティック【acrostic】

各行の最初の字をつなげるとある言葉になる,という戯詩。古代の巫女の予言がこの手法によるなぞ掛けになっていたともいわれるが,近代では,献詩に用いたりすることが多い。《鏡の国のアリス》末尾の詩にアリス・リデルの名を読みこんだキャロルはその名手であった。行末の字でさらに仕掛けたものを〈ダブル・アクロスティック〉という。和歌の〈折句〉や〈沓冠〉と似ている。言語遊戯【高橋 康也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアクロスティックの言及

【言語遊戯】より

…以下に言語遊戯の代表的具体例を挙げる。(1)アクロスティックacrostic 各行の最初の語をつなぐとある言葉になるような戯詩。これを得意としたキャロルのように愛する少女の名を歌いこんで献詩とすることが多い。…

【言語遊戯】より

…以下に言語遊戯の代表的具体例を挙げる。(1)アクロスティックacrostic 各行の最初の語をつなぐとある言葉になるような戯詩。これを得意としたキャロルのように愛する少女の名を歌いこんで献詩とすることが多い。…

※「アクロスティック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android