アサートン高原(読み)アサートンコウゲン

デジタル大辞泉の解説

アサートン‐こうげん〔‐カウゲン〕【アサートン高原】

Atherton Tableland》オーストラリア、クイーンズランド州北東部の高原地帯。玄武岩質の肥沃(ひよく)な台地が南北にのび、グレートディバイディング山脈の一部をなす。高原の大部分は熱帯雨林に覆われ、1988年に「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。雨量の少ない乾燥地帯では、茶・コーヒーなどを産する。アサートンテーブルランド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

アサートンこうげん【アサートン高原】

オーストラリア北東部の都市ケアンズの西、車で1時間半から2時間の場所に広がる、海抜400~1000mの高原地帯。熱帯雨林と広大な草原が入り混じっている。一帯には、滝や湖、国立公園などがあり、美しい景観に囲まれている。野生のカモノハシ、ポッサム、ロックワラビーなども多く見られる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android