コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサ神族 アサしんぞく Asen; Aesir

2件 の用語解説(アサ神族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサ神族
アサしんぞく
Asen; Aesir

オーディンを頭領とし,アスガルズに住むとされる北欧神話の神々の種族。初めは,ニヨルズに率いられるバナ神族と対立関係にあり,両神族の間に激しい戦闘が行われたこともあったが,両者は結局和解した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサ神族
あさしんぞく
ss

北欧神話のオーディンを主神とする神族の名。スノッリの『エッダ』によると、トール、バルドル、ニョルドフレイチュール(軍神)、ブラギヘイムダルホズルビーザル(戦いの神)、バーリ(名射手)、ウルルフォルセティ(正義と和解の神)、ロキがおもな男神。女神は、オーディンの妻フリッグフレイヤがもっともよく知られるが、そのほかサーガ(予言者)、エイル(医者)、ゲビウン(乙女神)、フッラ(侍女)、ショブン(愛の神)、ロブン(縁結びの神)、バール(誓約の神)、ボル(穿鑿(せんさく)好き)、シュン(扉の番人、民会の弁士)、フリーン(後見人)、グナー(使者)などがいる。アサ神族はアースガルズに館をもって、この世を支配し、法廷や宴会に集い、若返りのリンゴを食べる。世界の終末には来襲する巨人族と戦い、凄絶(せいぜつ)な戦闘のすえ、ともに滅びる。[谷口幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アサ神族の関連キーワードミズガルズオイルサーディンカーオーディオローディングオーバーローディング仮面ライダーオーディンリーディングランアースガルズオーディオ機器ビーディング

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone