コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサ神族 アサしんぞくAsen; Aesir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アサ神族
アサしんぞく
Asen; Aesir

オーディンを頭領とし,アスガルズに住むとされる北欧神話の神々の種族。初めは,ニヨルズに率いられるバナ神族と対立関係にあり,両神族の間に激しい戦闘が行われたこともあったが,両者は結局和解した。そしてこのときから以後ニヨルズは息子のフレイおよび娘のフレイヤとともに,アスガルズに住んでアサ神たちのなかでおもだった地位を占め,両神族は一体となって世界の終りのラグナレクのときまで霜の巨人たちをはじめとする悪魔らに対抗し,世界秩序の維持にあたることになったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサ神族
あさしんぞく
ss

北欧神話のオーディンを主神とする神族の名。スノッリの『エッダ』によると、トールバルドルニョルド、フレイ、チュール(軍神)、ブラギ、ヘイムダル、ホズル、ビーザル(戦いの神)、バーリ(名射手)、ウルル、フォルセティ(正義と和解の神)、ロキがおもな男神。女神は、オーディンの妻フリッグ、フレイヤがもっともよく知られるが、そのほかサーガ(予言者)、エイル(医者)、ゲビウン(乙女神)、フッラ(侍女)、ショブン(愛の神)、ロブン(縁結びの神)、バール(誓約の神)、ボル(穿鑿(せんさく)好き)、シュン(扉の番人、民会の弁士)、フリーン(後見人)、グナー(使者)などがいる。アサ神族はアースガルズに館をもって、この世を支配し、法廷や宴会に集い、若返りのリンゴを食べる。世界の終末には来襲する巨人族と戦い、凄絶(せいぜつ)な戦闘のすえ、ともに滅びる。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アサ神族の関連キーワードインド・ヨーロッパ諸族神話フレイ(北欧神話)アースガルズヘニールバニルミミルヘニル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android