コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界秩序 せかいちつじょ world order

翻訳|world order

2件 の用語解説(世界秩序の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界秩序
せかいちつじょ
world order

国家間の秩序の枠内では遂行が困難な倫理的外交政策行動を可能にするようなさまざまな過程や手続きの集合体 (グローバルレジーム) であり,「世界市民主義」と「多中心主義」の2つの方向性を持つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せかいちつじょ【世界秩序 world order】

世界に発生する諸問題が一定の規範・手続に従って解決・処理されていると考えられる場合,そのような規範・手続の全体,またはそのように安定した世界の状態を世界秩序と呼ぶ。近代の国際社会で各主権国家が最高の目標価値としてきたのは,自国の利益を最大限に獲得するということであった。したがって,その場合における世界秩序とは,各国家が自国の利益を追求した結果もたらされた,構想なき均衡状態を意味するにすぎなかった。ところが近年になって,もっと積極的な世界秩序構想が試みられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界秩序の関連キーワード規範学罹患率律する倶発手続ポリポーシスエピデミック世界法学会裁判規範・行為規範

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界秩序の関連情報