コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジタ・ケーサカンバリン アジタケーサカンバリン

百科事典マイペディアの解説

アジタ・ケーサカンバリン

仏教興隆期のインドの思想家。ケーサカンバリンとは〈毛髪の衣を着た人〉の意。六師外道の一人。地水火風の4元素のみを真の実在とし,霊魂の存在,来世,因果応報を否定した感覚的唯物論者。この思想の流れをくむものを順世派ローカーヤタ派)という。
→関連項目自由思想家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android