アジタ・ケーサカンバリン(読み)アジタケーサカンバリン

百科事典マイペディアの解説

アジタ・ケーサカンバリン

仏教興隆期のインドの思想家。ケーサカンバリンとは〈毛髪の衣を着た人〉の意。六師外道の一人。地水火風の4元素のみを真の実在とし,霊魂の存在,来世,因果応報を否定した感覚的唯物論者。この思想の流れをくむものを順世派ローカーヤタ派)という。
→関連項目自由思想家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android