アジャンター石窟群(読み)アジャンターせっくつぐん

世界遺産詳解の解説

アジャンターせっくつぐん【アジャンター石窟群】

1983年に登録された世界遺産(文化遺産)で、インドのデカン高原西北部マハーラーシュトラ州のワゴーラ渓谷にある。ワゴーラ川岸の断崖に約600mにわたって掘られた、大小30の仏教の石窟寺院群が並ぶ。造営は前期(紀元前2~後2世紀)と後期(5世紀中頃から7世紀)に分かれ、簡素な前期窟に比べて後期窟は、豪華な壁画や多くの仏像が周囲を囲んで華やか。こうした壁画や彫刻は、6~7世紀に描かれたものでグプタ様式と呼ばれ、なかでも1窟にある「蓮華手菩薩像」の壁画はよく知られている。このような、インド仏教美術の源流として貴重な遺産であることが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はAjanta Caves

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジャンター石窟群の関連情報