コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジリジン aziridine

1件 の用語解説(アジリジンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アジリジン【aziridine】

エチレンイミンethylenimin,アザシクロプロパンazacyclopropaneとも呼ばれる。アンモニアのようなにおいのする無色透明の液体。沸点55~56℃,比重0.8371(20℃)。非常に強い毒性をもち,皮膚や粘膜との接触,吸入,経口接触のいずれの場合にも,人体に対して激しい障害を起こす。また引火性,爆発性もある。β‐アミノエチル硫酸に水酸化ナトリウムを作用させて合成する。第二アミンとしての性質を示すほかに,3員環化合物として開環反応を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アジリジンの関連キーワードエチレンオキシドエチレンジアミン四酢酸酸化エチレン塩化エチレンジエチレングリコールエチレンジアミンテトラ酢酸エチレンプロピレンゴムエチレン吸収剤共重合ポリエチレン照射ポリエチレン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone