コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジリジン aziridine

世界大百科事典 第2版の解説

アジリジン【aziridine】

エチレンイミンethylenimin,アザシクロプロパンazacyclopropaneとも呼ばれる。アンモニアのようなにおいのする無色透明の液体。沸点55~56℃,比重0.8371(20℃)。非常に強い毒性をもち,皮膚や粘膜との接触,吸入,経口接触のいずれの場合にも,人体に対して激しい障害を起こす。また引火性,爆発性もある。β‐アミノエチル硫酸に水酸化ナトリウムを作用させて合成する。第二アミンとしての性質を示すほかに,3員環化合物として開環反応を行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アジリジンの関連キーワード水酸化ナトリウムアミン(化合物)エチレンイミンアンモニア環式化合物開環重合イミン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android