アスファルト・ジャングル(英語表記)Asphalt Jungle

翻訳|asphalt jungle

世界大百科事典 第2版の解説

アスファルト・ジャングル【Asphalt Jungle】

第2次世界大戦後のアメリカの犯罪映画の名作。1950年製作。“While the City Sleeps”という別題がある。男たちの野望と挫折をテーマとした映画を得意とするジョン・ヒューストン監督が,100万ドルの宝石をねらう金庫破りの計画に集まった男たちのドラマを〈ハードボイルド・タッチ〉で描き,その後一つの映画ジャンルとして定着する〈泥棒映画〉,あるいは〈集団強盗映画〉(《男の争い》1955,《紳士同盟》1960,《仁義》1970,など)のはしりとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android