コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゼトウナ あぜとうな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゼトウナ
あぜとうな / 畝唐菜
[学]Crepidiastrum keiskeanum Nakai

キク科の多年草で、海岸の岩場に生える。根出葉は倒卵形で厚く、切ると乳液が出る。根出葉の葉腋(ようえき)から走出枝を伸ばし、先に径1.5センチメートルの黄色の頭花が多数つく。花期は9~12月、開花したものは枯れる。伊豆半島以西、四国、九州に分布。同属にワダン、ホソバワダンがある。[森田龍義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアゼトウナの言及

【ワダン】より

…和名は,海(ワタ)に生える菜を意味するワタナの転じたものといわれる。 本種の属するアゼトウナ属Crepidiastrumは,東アジアの固有属で,約10種あり,日本には他にアゼトウナC.keiskeanum Nakaiなど2種が分布する。アゼトウナは伊豆~九州の海崖に生育し,根生葉はへら形で,ワダンより小さい。…

※「アゼトウナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android