わだん(読み)ワダン

大辞林 第三版の解説

わだん

キク科の多年草。海岸に生える。主根は太く、倒卵形の根葉が密生。秋、株の外側から花茎が放射状に出て斜上し、頂に黄色の小頭花が多数かたまってつく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わだん

〘名〙 キク科の越年草。関東南部から東海道の海岸に生える。高さ二〇~三〇センチメートル。茎から苦みのある乳液を出す。根生葉は厚く倒卵形。茎葉は細い。秋、黄色い径約一センチメートルの頭花が咲く。頭花はすべて舌状花で果実には白い冠毛がある。〔物品識名拾遺(1825)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わだんの関連情報