コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタプエルカ遺跡 アタプエルカいせき Atapuerca

3件 の用語解説(アタプエルカ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタプエルカ遺跡
アタプエルカいせき
Atapuerca

スペイン北部の洞窟遺跡ブルゴスの東約 14kmに位置する。 1976年以来調査が行なわれ,更新世中期,約 30万年前と推定されるプレ・ネアンデルタール人段階の人類化石 20体分以上が発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵の解説

アタプエルカ遺跡

スペイン北部アタプエルカ村の石灰岩台地に広がる洞穴遺跡群で、中期更新世の人骨・動物骨化石が大量に発見されている。グラン・ドリナ洞穴からは、約80万年前の人骨が見つかり、ホモ・アンテセソールと名付けられている。シマ・デ・ロス・ウエソス洞穴からは、約30万年前の少なくとも25体に属するホモ・ハイデルベルゲンシスの人骨化石が見つかっている。頭蓋腔容積は1100〜1400立方センチ。これらは顔面の特徴からネアンデルタール人の祖先と見なされている。

(馬場悠男 国立科学博物館人類研究部長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アタプエルカ‐いせき〔‐ヰセキ〕【アタプエルカ遺跡】

Atapuercaスペイン北部アタプエルカ山脈の洞窟(どうくつ)にある遺跡。ヨーロッパ最古と考えられる人類の化石が多く発掘されており、約80万年前の原人「ホモ‐アンテセソール」などが発見されている。2000年に「アタプエルカの古代遺跡」として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アタプエルカ遺跡の関連キーワードカルスト台地プエルトプラタアメリカスペイン戦争スペイン村プエンテラレイナ紡錘虫石灰岩組曲「スペイン」石灰岩台地アタプエルカの古代遺跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone