アッタロス[1世](英語表記)Attalos I

世界大百科事典 第2版の解説

アッタロス[1世]【Attalos I】

前269‐前197
ペルガモン王。在位,前241‐前197年。ペルガモン王国の支配権を手に入れると,ガラティア人への朝貢を拒否。前241年彼らを破って王の称号を名のる。シリア,マケドニアなどの強国にはさまれ,自国の安全のため次第にローマに接近。第2次マケドニア戦争(前200‐前197)ではローマの忠実な同盟者としてマケドニアと戦い,ペルガモンを大国とすることができた。すぐれた軍人,政治家であったが,ギリシア芸術の愛好家,保護者としても知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android