コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソテル Soter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソテル
Soter

[生]?. フォンディ
[没]175頃. ローマ
フォンディ出身の第12代教皇在位 166頃~175頃)。聖人。教皇アニケツス(在位 155頃~166頃)のあとを継いだ。ソテルは手紙と施しをコリンソス教会へ送り,そこの司教ディオニシウスは,ソテルの好意と神学的助言を受け取ったと返信している。先代のアニケツス同様,預言と厳格な道徳規範を極端に強調する異端のモンタヌス派を批判した。死についてはなにも説明が残っていないが,殉教者(→殉教)という栄誉を与えられている。祝日は 4月22日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のソテルの言及

【アンティオコス[1世]】より

…父王の死後,王国の確立に腐心し,前278年ころマケドニアに対する野心を捨てるかわりに,小アジアとトラキアでの支配権を認めさせる条件で,マケドニアのアンティゴノス2世と和解,その後ながくつづくマケドニアとの友好関係の基礎をつくった。前275年ころには小アジアに侵入したガリア人に勝って,ソテルSōtēr(救主)と称された。しかしエジプトのプトレマイオス2世と争って小アジア西・南岸の領土を失い(前274‐前271年の第1次シリア戦争など),ペルガモンのエウメネス1世にも敗れて(前262ころ)その独立を認めざるをえなかった。…

※「ソテル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソテルの関連キーワードプトレマイオス2世フィラデルフォスデメトリオス[ファレロン]プトレマイオス1世ソテルアレクサンドリア[古代]プトレマイオス[1世]アンティオコス[1世]アンティオコス(1世)プトレマイオス(1世)アレクサンドリア図書館プトレマイオス王国アッタロス(1世)アンチオコス1世デメトリオス1世プトレマイオス朝ディオドトス1世アンチゴノス1世アルシノエ2世セレウコス1世アッタロス1世ペルディッカス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android