コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッタ・トロル アッタ・トロルAtta Troll

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッタ・トロル
Atta Troll

ドイツの詩人 H.ハイネの風刺詩。 1843年刊。人間のもとから逃れたクマのアッタ・トロルが人間社会のありさまを仲間に語り聞かせる寓話的叙事詩で,随所にドイツの政治的,文学的状況についての風刺がちりばめられ,当時隆盛にあった政治文学を皮肉り,熱狂的な愛国心をからかう。この詩のために,クマはドイツ人の政治性を皮肉るときの象徴となったといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アッタ・トロルの関連キーワード張角張角甲山張角御調三良坂熊本県の要覧国際刑事警察機構ICPOIMF

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone