コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張角 ちょうかくZhang Jiao; Chang Chiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張角
ちょうかく
Zhang Jiao; Chang Chiao

[生]?
[没]中平1(184)
中国,後漢末の黄巾の乱指導者鉅鹿 (きょろく。河北省藁城県) の人。大賢良師と称して太平道を広め,政府の弾圧を機に衆徒を 36方 (1方は約1万人) に編成し,みずから黄天と号し,漢朝の打倒を呼号して,中平1 (184) 年2月に一斉に蜂起したが数ヵ月で病死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうかく【張角 Zhāng Jué】

?‐184
中国,後漢末に蜂起した黄巾(こうきん)の乱の首領で,道教の源流の一つ〈太平道〉の唱導者。鉅鹿(きよろく)(河北省中部)の人。その教法五斗米道(ごとべいどう)と似て,病気の治癒を中心とした。張角は大賢良師または大賢と自称し,また黄天泰平あるいは大医にして善道を事とす,とも称して,弟子を四方に派遣し,治病に従事させた。各地で師とよばれたこれらの弟子は病人に罪を反省させて神前に懺悔告白させ,おふだと霊水を飲ませて神の許しを請うための祈りを唱える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうかく【張角】

?~184) 中国、後漢末、黄巾の乱の指導者。太平道を創始し農民層に信徒を集め、後漢末の混乱に乗じて184年に反乱をおこしたが、敗れて病死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張角
ちょうかく
(?―184)

中国、後漢霊帝(ごかんれいてい)の世、太平道を唱え、黄巾(こうきん)の乱を起こした宗教家。鉅鹿(きょろく)(河北省)の人。干吉(かんきつ)神人から授けられたと称する太平清領(せいりょう)書(いまの太平経の原本)の説に接し、黄老道(善道)を奉ずる大賢良師(大医)と自称し、符水呪文(ふすいじゅもん)により治病できるといい多数の信者を得た。十余年間、華北大平野など八州で数十万の衆を集め大小の「方」に編成、渠帥(きょすい)の下で軍隊化した。悪政・災害に苦しむ農民や一部宦官(かんがん)・官吏の支持で、184年(光和7)甲子(かっし)の年、新しい世がくると宣伝し決起を謀った。事件発覚し、信徒に黄色の頭巾(ずきん)を着けさせ(黄巾)、自ら天公将軍と称し、地公・人公将軍と称する二弟と指揮したが、同年陣中で病死した。彼は後世の道教教団においては尊ばれないが、宗教反乱の結社員にはひそかに崇敬され、劉天翁(りゅうてんおう)にかわった天翁張堅とか張天帝と称せられた形跡がみられる。[宮川尚志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の張角の言及

【漢】より

…黄巾の乱はその最大規模のものである。黄巾というのは蜂起に参加した人が黄色の布で頭を包んだところからよばれた名で,その母体は鉅鹿(きよろく)(河北省)の張角がはじめた太平道という。後にはこれが道教に発展する新興宗教の教団であった。…

【黄巾の乱】より

…時の政権は腐敗を極めて事態は悪化,これに抵抗した儒家・士大夫の運動も党錮の禁で挫折する。そのころ鉅鹿(河北省)の張角が〈太平道〉を創唱,罪のざんげによる療病と倫理的な生き方を説き,疫病の蔓延(まんえん)に苦しみ,村落社会から疎外された没落農民・流民を救済して,十数年間に数十万の信徒を得て各地に教団を組織した。184年(中平1)張角らは後漢王朝の滅亡と新たな社会〈黄天〉の樹立を叫んで一斉に蜂起,政府は党禁を解いて結束を固め,10ヵ月後に鎮圧した。…

【太平道】より

…2世紀後半,後漢代に鉅鹿(きよろく)郡(河北省南部)の張角によって組織された中国最初の道教教団。西方の巴蜀および漢中の地域に発展した五斗米道(ごとべいどう)とほぼ時期を同じくする。…

※「張角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

張角の関連キーワード白波・白浪三国志演義神仙思想反乱盧植

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android