アティチュード(英語表記)attitude

翻訳|attitude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アティチュード
attitude

バレエ用語。ポーズの一つで,「姿勢」や「身構え」を語源とする。アラベスクとともにクラシック・バレエの最も重要で美しい姿勢。身体を片脚で支え,もう一方の脚は膝を内側に 90度曲げて,後方に上げられる。上げられた脚の側の片腕は,第4ポジシオン・アン・オーに上げ,ほかの腕はドミ・スゴンド・ポジシオンあるいは第4ポジシオン・デリエールに位置し,胴体を少し後方または側方前方に屈曲させた形が基本的な姿勢で,さまざまな変形態がある。 18世紀の初めジョバンニ・ダ・ボローニャのマーキュリー像から C.ブラシスヒントを得て形づくったといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アティチュード

クラシック・ダンスにおいて,片足で立ち,もう一方の片足を膝(ひざ)のところで曲げ上げたポーズをいう。通常,上げた足の側の手も上げる。アラベスクの変形ともいえるが,アラベスクは後ろに足を上げるのに対し,アティチュードは後ろだけでなく,前,または横に上げることもある。→バレエ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アティチュードの関連情報