コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アティチュード attitude

翻訳|attitude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アティチュード
attitude

バレエ用語。ポーズの一つで,「姿勢」や「身構え」を語源とする。アラベスクとともにクラシック・バレエの最も重要で美しい姿勢。身体を片脚で支え,もう一方の脚は膝を内側に 90度曲げて,後方に上げられる。上げられた脚の側の片腕は,第4ポジシオン・アン・オーに上げ,ほかの腕はドミ・スゴンド・ポジシオンあるいは第4ポジシオン・デリエールに位置し,胴体を少し後方または側方前方に屈曲させた形が基本的な姿勢で,さまざまな変形態がある。 18世紀の初めジョバンニ・ダ・ボローニャのマーキュリー像から C.ブラシスヒントを得て形づくったといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アティチュード(attitude)

《「アチチュード」とも》態度。姿勢。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アティチュード

クラシック・ダンスにおいて,片足で立ち,もう一方の片足を膝(ひざ)のところで曲げ上げたポーズをいう。通常,上げた足の側の手も上げる。アラベスクの変形ともいえるが,アラベスクは後ろに足を上げるのに対し,アティチュードは後ろだけでなく,前,または横に上げることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

アティチュードの関連キーワードアダージョランDMCジュッテ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アティチュードの関連情報