アティトラン湖(読み)アティトランこ(英語表記)Lago de Atitlán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アティトラン湖
アティトランこ
Lago de Atitlán

グアテマラ南西部にある湖。首都グアテマラ市の西約 70kmの中央高地にあり,湖面標高約 1560m。面積約 130km2。水深約 380m。火山噴出物が谷をせきとめてできた湖で,アティトラン,トリマン,サンペドロの3つの円錐火山に囲まれる。湖岸にはインディオの集落が点在,住民は漁業に従事するほか,美しい綿織物や毛織物をつくり,快適な気候,絶えず色が変化するといわれる美しい湖水と相まって,多数の観光客をひきつけている。周辺にはパナハチェル,サンチアゴアティトラン,サンルカスなどの町があり,いずれも観光業が盛ん。首都から道路が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アティトラン‐こ【アティトラン湖】

Lago de Atitlán》グアテマラ南西部にある湖。首都グアテマラの西約70キロメートル、標高1560メートルの高原に位置する。近隣のトリマン山、アティトラン山、サンペドロ山などの火山に囲まれる。湖岸にパナハッチェルサンティアゴアティトランサンルカストリマンなどの町があり、景勝地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android