コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテネ・フランセ あてねふらんせ

1件 の用語解説(アテネ・フランセの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アテネ・フランセ
あてねふらんせ
Athne Franais

わが国でもっとも古い外国語教育専門の学校。1913年(大正2)東京帝国大学文学部講師ジョゼフ・コットJoseph Cotte(1875―1949)が、東京・神田の東京外国語学校(現・東京外国語大学)内で「高等仏語」の名でフランス文学の講義を始めたのがおこり。2002年(平成14)フランス語を中心に、英語、ギリシア語ラテン語を教授し、クラス総数約240、講師90人、学生数年間平均6000人、開設以来40万人以上を数えた。フランス語、フランス文化の日本への普及に貢献し、著名な文学者、芸術家もここで学んだ。映画による国際交流を目的としたアテネ・フランセ文化センター(1970設立)を併設している。所在地東京都千代田区神田駿河台(するがだい)2-11。[喜多村和之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアテネ・フランセの言及

【フランス】より

…1907年日仏協約が結ばれ,12年には日仏銀行,日仏協会が設立された。翌13年にはコットJoseph Cotte(1875‐1949)が東京にアテネ・フランセを開いて,フランス語,フランス文学,ギリシア・ラテン語の教授を始め,多くの日本人をフランス文化に開眼させた。旧制高校のドイツ語教育を軸とするドイツ文化の影響の前に,幕末以来のフランス嗜好が衰えるのを憂えたフランスは,第1次大戦後まずジョッフル元帥を訪日させ,続いて東洋学者クーランをはじめ多くの使節を送ってきた。…

※「アテネ・フランセ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アテネ・フランセの関連情報