アテネ・フランセ(読み)あてねふらんせ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アテネ・フランセ
あてねふらんせ
Athne Franais

わが国でもっとも古い外国語教育専門の学校。1913年(大正2)東京帝国大学文学部講師ジョゼフ・コットJoseph Cotte(1875―1949)が、東京・神田の東京外国語学校(現・東京外国語大学)内で「高等仏語」の名でフランス文学の講義を始めたのがおこり。2002年(平成14)フランス語を中心に、英語、ギリシア語、ラテン語を教授し、クラス総数約240、講師90人、学生数年間平均6000人、開設以来40万人以上を数えた。フランス語、フランス文化の日本への普及に貢献し、著名な文学者、芸術家もここで学んだ。映画による国際交流を目的としたアテネ・フランセ文化センター(1970設立)を併設している。所在地は東京都千代田区神田駿河台(するがだい)2-11。[喜多村和之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアテネ・フランセの言及

【フランス】より

…1907年日仏協約が結ばれ,12年には日仏銀行,日仏協会が設立された。翌13年にはコットJoseph Cotte(1875‐1949)が東京にアテネ・フランセを開いて,フランス語,フランス文学,ギリシア・ラテン語の教授を始め,多くの日本人をフランス文化に開眼させた。旧制高校のドイツ語教育を軸とするドイツ文化の影響の前に,幕末以来のフランス嗜好が衰えるのを憂えたフランスは,第1次大戦後まずジョッフル元帥を訪日させ,続いて東洋学者クーランをはじめ多くの使節を送ってきた。…

※「アテネ・フランセ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アテネ・フランセの関連情報