コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドリアノープル条約 アドリアノープルじょうやく

百科事典マイペディアの解説

アドリアノープル条約【アドリアノープルじょうやく】

1829年ギリシア解放戦争後,アドリアノープルでロシアとオスマン帝国(トルコ)間に結ばれた条約。この戦争中,バルカンへの南下をめざすロシアはトルコ領アドリアノープルに入城,プロイセンの仲介で講和。
→関連項目露土戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アドリアノープルじょうやく【アドリアノープル条約】

1829年9月14日オスマン帝国とロシアとの間に締結された露土戦争の終結をめぐる講和条約。1821年以降,本格化したギリシア独立運動(ギリシア解放戦争)をめぐって,バルカン半島への南下を意図するロシアが,オスマン帝国の内政へ干渉したことを契機に,28年4月に両国は開戦した。ペロポネソス半島ギリシア人とも戦わねばならなかったオスマン帝国は苦戦し,29年8月,ロシア軍がオスマン帝国領のアドリアノープルAdrianople(現,エディルネ)に入城すると,プロイセンの仲介を得て両国は講和を結んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアドリアノープル条約の言及

【ドナウ[川]】より

… 19世紀に入り,イギリス産業革命の波が中欧にも押し寄せ,水運が見直されるに及んでドナウ川も新しい時代を迎えた。まず1829年,ロシアとトルコとの戦争を終結させたアドリアノープル条約で,ドナウ川は交易,航行が自由になった。同年,〈第一ドナウ蒸気船航行会社〉がウィーンで設立され,ウィーンからブダペストまで蒸気船〈フランツ1世〉号が初めて運航されることになった。…

【露土戦争】より

…ロシア,トルコ両国は,引き続きワラキア,モルダビア,セルビアをめぐって戦争(1828‐29)に突入したが,オスマン帝国はバルカンの要都エディルネ(アドリアノープル)を占領され,東部戦線においても東アナトリアのカルスとエルズルムを占領されるなど窮地に立たされた。その結果,アドリアノープル条約(1829)においてオスマン帝国は,(a)ギリシアの独立承認,(b)ドナウ川河口の諸島のロシアへの割譲,(c)東部アナトリアのいくつかの城塞のロシアへの割譲,(d)ロシア商船の両海峡自由通行権獲得など,キュチュク・カイナルジャ条約以来の過酷な条件を受け入れざるをえなかった。この条約によって,黒海における通商権はロシアの掌握するところとなり,トルコとイランとの陸上交易路は衰えた。…

※「アドリアノープル条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アドリアノープル条約の関連キーワードロシア・トルコ戦争ダーダネルス海峡ギリシャ独立戦争ブライラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android