アバーテ(英語表記)Abbate, Niccoló dell'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバーテ
Abbate, Niccoló dell'

[生]1509頃.モデナ
[没]1571. フォンテンブロー
イタリアの画家。主としてフェララ,ボローニャ,パリで制作。コレッジオの影響を受けたのち,マニエリスムの代表的画家となる。 1552年渡仏し,プリマティッチオとともにフォンテンブロー派をつくる。神話的風景画に特色がある。作品は『アエネイス物語』 (モデナ,エステ画廊) ,パラッツォ・ボローニャ内フレスコ画連作,『聖ペテロと聖パウロの殉教』 (1547,ドレスデン国立絵画館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アバーテ【Niccolò dell’Abate(Abbate)】

1509か12‐71
イタリア,エミリア派の画家。モデナ生れ。芸術的形成は不明。1546年にボローニャのポッジ宮殿に壁画を描く。装飾的才能を買われて,52年フォンテンブロー宮殿に招かれ,プリマティッチョの助手をつとめた。ドッソ・ドッシ,コレッジョパルミジャニーノの影響を示し,幻想的風景の中に,光に溶ける優美な人体を配するロマン主義的神話画に特色を示す。フォンテンブロー派(またはフランス16世紀絵画)の形成に貢献し,プッサンにも影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android