コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビニョン橋 アビニョンバシ

2件 の用語解説(アビニョン橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アビニョン‐ばし【アビニョン橋】

Pont d'Avignon》⇒サンベネゼ橋

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

アビニョンばし【アビニョン橋】

フランス南東部のプロバンス地方の古都アビニョン(Avignon)を流れる、ローヌ川にかつて架かっていた橋。◇正式名称は「サンベネゼ橋」(Pont Saint-Bénezet)で、童謡「アビニョンの橋の上で」で知られる橋である。この橋は、アビニョンの城壁の外に架かる長さ920m、幅4mの22のアーチを持つ石造橋で、橋の上にはサンニコラ礼拝堂が建てられた。1177年から1185年にかけて木造の橋が架けられ、その後1226年に石造の橋に架けかえられた。17世紀初めにローヌ川の度重なる洪水により破壊が進み、修復も試みられたが、ついには断念された。結局、18のアーチが流され、現在は川の途中で切れたままの4つのアーチ・橋脚と2階建てのサンニコラ礼拝堂が残っている。たいへん危険な状態にあり、童謡にあるような「アビニョンの橋で踊るよ、踊るよ」というような行動はとることができない。橋が危険な状態にあるため、サンニコラ礼拝堂に収められていた聖ベネゼの聖遺物はセレスティン修道院に移されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アビニョン橋の関連キーワードアプトエクサンプロバンスタンブランバントゥー山ムスチエサントマリーメネルブルールマランレボードプロバンスプロバンス風